三好芫山コンサート


都山流尺八 竹琳軒 大師範
三好芫山 (ミヨシ ゲンザン)
京都で生まれ、12歳のとき都山流・富井舜山に入門。1965年より芫山と名乗る。 1971年大師範となり、1983年、尺八界最高の称号である「竹琳軒」を允許される。国際交流基金等の文化使節として、アメリカ、中国、モロッコ、中近東を訪問。さらに海外からの招聘で、ドイツ、フランス、スペイン、アメリカ、カナダ、オーストラリア等、数多くの公演を行い、喝采を博している。日本の伝統文化を継承するにとどまらず、クラシック音楽、ジャズ、ロックとのクロスオーバー等ジャンルを超えて、尺八の楽器としての可能性の追求に情熱を燃やしている。日本を代表する尺八奏者。 1970年、大阪府文化奨励賞、1985年、京都市文化芸術協会賞等を受賞。RCAビクターより「真魚空海」、アポロンより「Future Echo」、 GMCより「三好芫山 竹の響地歌三代」等多くののCDを出す。元奈良教育大学非常勤講。現在は尺八の資料などを収集するNPO法人日本尺八協会を立ち上げ理事長として活動をしている。

所属:(財)都山流尺八楽・(社)東洋音楽学会・NPO法人日本尺八協会・笹の会・むしぼし会・都山流尺八清芫社社主・京都ライオンズクラブ会員

http://genzan.blog137.fc2.com/blog-category-0.html より引用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください